So-net無料ブログ作成
検索選択

20130623 蛭ケ岳東斜面に眠る爆撃機「銀河」 [丹澤探索]



P1Y-1.jpg



戦中、戦後を通して丹沢山塊には多くの航空機が墜落したらしい
しかしその記録については、詳しく記述されている物は少なく
詳細については余り知られていない

今回は 蛭ケ岳東斜面に墜落したであろう爆撃機「銀河」について
断片的な記録を頼りに探索した記録である
何と言っても戦後70年ガ経過、古い記憶である

墜落現場が特定されている場合、機体は回収されるらしいので残骸が残されているのは稀な事、しかし急峻な地形の所では人が近付く事すら出来ないので機体そのまま放置され
何十年とその場所に眠っている物も有る

有名なのはキューハ沢の堰堤脇にひっそりと眠る 空冷星型複列18気筒「誉」エンジンで、疾風や紫電改などに搭載されていたらしい

噂によればこのエンジンは、墜落現場からこの場所へ運ばれた物で、今は朽ちた木製の
墓標と共ひっそりと眠っている
ここが墜落現場では無いらしい、では何処が墜落現場なのか? 

はっきりとした場所は分からないがそこには未だ回収されず朽ち果てた残骸が
土中に埋まっている可能性も有るのでは無いだろうか



この様な遺物はひょんなことから発見される事も有る

前々回、瀬戸ノ沢左岸尾根から眺めた中ノ沢や蛭ケ岳東斜面を歩きたくなって
中ノ沢を遡り、源流部で「魔法のロープ」「巨岩と苔とブナの庭園」を楽しんで
ブログアップした所その記事に触発された先輩たちが中ノ沢の源頭部で
墜落機のタイヤと機体の一部を発見したと報告があった


AYさんの記事中リンクと、TI-AEK30氏のコメ中リンクによると
この発見された機体の一部は爆撃機「銀河」の物で、昭和56年6月21日に発見された物との事

当時発見者は早戸川上流部大滝沢分岐から界尾根(白馬尾根?)を登り蛭ケ岳を
目指したが、途中で道迷い、彷徨っている所でタイヤを発見した、と言う事だ
AYさんが発見したタイヤとこのタイヤが同一の物かは判断出来ないが
場所的に考えると同じと考えて良さそうである

更に
蛭ケ岳東斜面に墜落したであろう爆撃機「銀河」のエンジンは
キューハ沢に眠る空冷星型複列18気筒「誉」エンジンだと言うが
蛭ケ岳東斜面の墜落場所からキュウハ沢にエンジンを運んだ?
と言うのは無理が有るのでは無いか? 何故そんな離れた所に?

蛭ケ岳東斜面に墜落した機体とキュウハ沢に眠るエンジンは同一機体のものなのか?
それとも別機体で2機の墜落機体があったのかその辺を断定する資料は無いのだろうか?

疑問ばかりが残ってしまうがその辺の経緯はこの記事に詳しいので興味がある人は一読を



ともあれ、行って見なきゃー始まらない・・・いつ行くの?・・「今でしょ!!」
きっと現地には埋もれた遺物が僕を待っているに違いない!!
呼び水が、呼び水を誘い、行って来ました中ノ沢    
  



今日の相棒はひょんなことから「はっぴーさん」・・・結構興味があるみたいで
二人で蛭ケ岳東斜面をウロウロです




以下が今日の発見
発見時は思わず大きな声を上げてしまいました


1・差動歯車とスプライン軸ユニット


〈全体〉
P6230069.jpg


〈スプライン〉
P6230071.jpg


〈反スプライン側〉
P6230072.jpg


〈差動ギヤ部分〉
P6230073.jpg


〈反スプライン側先端〉
P6230076.jpg

P6230078.jpg

P6230080.jpg


〈反スプライン側先端〉
P6230083.jpg



一見何の部品か?想像が付きませんでしたが車で言えばデファレンシャルギヤ(デフ)
のような物で、簡単に言うとスプラインシャフトからの駆動力を左右に振り分け回転数差を調整し曲がり安くする為の機構、ですね
どの部分に使われていた部品なのか?(ネットで調べた限りでは分からなかった)

詳しい所は航空機の知識がある訳ではないので何とも言えません



2・タンクの様な容器の様な鉄製部品


〈綺麗な曲線〉
P6230088.jpg

〈先端部に穴〉
P6230092.jpg



3・部品の名前は分からないが多分車輪ダンパー部分


〈全体〉
P6230093.jpg


〈ヒンジ部〉
P6230102.jpg





WEBで拾った爆撃機「銀河」のイラスト
黄○の中の部分をよく見ると同じ形状をしているのがよく分かる

ginga-s2.JPG

P6230100.jpg


決め手はこの鍍金の部分、オイルダンパーかな?ダンパーロッド部分に鍍金処理が施してあるのが分かる、硬質クロム鍍金だろうか?何十年と経っているが質の良さを感じさせる


〈メッキが残っている〉
P6230105.jpg


〈九の字に曲がっている、墜落時の衝撃の大きさを物語る〉
P6230098.jpg

P6230104.jpg


〈タイヤの刻印  1000×360 常用気圧 と読める〉
P6230108.jpg

P6230113.jpg



はっぴーさんと二人で目を皿の様にして探し回るも他に収穫は無し
周囲を探しながら斜面を登って行くが上部は壁に阻まれこれ以上は無理
周囲もガスって来て視界も悪くなってきた遭難の恐れもある


丹念に探せばまだまだ遺物が発見出来る期待は有るが“後ろ髪を惹かれる思い”で
今日は終了する事にした・・・合掌


冒頭で書いているが丹沢には他にも墜落機の報告が有るらしい
不動ノ峰南斜面では棚沢源頭部でAYさんが機体の一部らしきを発見している
探せばまだまだ有りそうだがなかなか人が近づけない所が多い様である
運がよければこれからもなんかの機会に目に触れる事も有るかも知れないし
実は直ぐ脇を気が付かないで通り過ぎている事も有るかもしれない

山は注意深く観察力を高めて歩かなきゃイカンネ!!って事




念のために断っておくが蛭ケ岳東斜面/中ノ沢源流部は安易に足を運ぶ所ではない

国土地理院1/25000地形図で見る限りでは変化の無い斜面で
傾斜感もそれ程感じられないが、実際現地を歩いてみると大違い
複雑に地形が入り組んでいて、苔がびっしりと張り付いたゴーロの急斜面、
しっかり行く手を定めないと思わぬ崖や急斜面に突き当たってしまい行く手を阻まれる

そして更に注意しなければならないのはこの東斜面、一度ガスって周囲の視界が遮られると目標となる物は一切無く彷徨は必至

マーキング、踏み痕は一切無い、

周辺の地形を熟知している経験者しか立ち入る事が出来ない危険な区域である事を
記しておく


最後に
はっぴーさん、こんな物好きな探し物に付き合って頂いて有難うございました
おかげで色々見つけることが出来ました、残された課題は来年ですかね
又よろしくお願いします
nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 11

ardbeg

MASAHIKOさん
速報ありがとうございます。
やりましたね、まだあるかとは思ってましたが、さすが執念の発見ですね。
戦闘機にはオーバーサイズのタイヤなのでどんな機種だろうと思っていましたが、【銀河】ですか。
爆撃機としては小型ですので果たしてこのサイズのタイヤが必用だったかどうか、ネット情報ではタイヤサイズまでは出てこないのが残念です。
by ardbeg (2013-06-24 22:18) 

ardbeg

こちらのHP
http://cb1100f.b10.coreserver.jp/collection3_1.html
に【銀河】より一回り小さい【天山】の主輪が800×280と掲載されています。
全幅×全幅サイズが
【天山】14.894×10.865
【銀河】20×15
ですので【銀河】の主輪でほぼ間違いないかと思います。
by ardbeg (2013-06-24 22:34) 

TI-AEK30

MSHK師 おつかれさまです<(_ _)>
オオイガイガとコイガイガの合同調査隊が出ると
踏んでおりましたが、は姉さまとは(驚)

B-29.orgというサイトで"27 November 1944"をググりますと↓
http://b-29.org/americas-war/americas-war1.html
この日、サイパンから81機のB-29が出て、東京地区の飛行機
工場の2地点の空爆を図ったっぽいです。うち19機は途中で
引き返し(B-29もトラブル多発だったっぽい)、49機が
天候不良でレーダーを頼りに第2目標の港湾施設と郊外を攻撃、
7機が臨機目標の浜松を攻撃、6機が第3目標を攻撃、戦果は
芳しくなく1機を全搭乗員とともに失う、とあります。
(この1機は丹沢ではなく太平洋上で墜落したようです)

「戦果は芳しくなく」とありますが、浦安、原宿が爆撃された記録が
あり、神奈川県下でも、なんと、われらが三保村にB-29が2機来襲
(13:25)、爆弾6焼夷弾2を落としたという記録があります。

三保村の2機が「郊外49機」「第3目標6機」のどちらに所属
していたのかは定かではありませんが、ともかく篠崎中尉は
この2機を追ったのでしょう。そして最後の場所に、人里離れた
丹沢の最深部を選んだのではないのでしょうか?

敵も味方も30前後の若者たち。英霊たちに敬礼であります。
by TI-AEK30 (2013-06-25 04:09) 

はっぴー

お疲れさまでした。
“宝さがし”?は好きなんで、楽しませていただきました♪
にしても、あのロケーションはスゴイですね!

今度は、右手の岩と苔の中も行ってみたいかな。
終わり良しで、気分よくニカニカできて最高でしたー (^-^)v
by はっぴー (2013-06-25 12:13) 

イガイガ

MASAHIKOさん、前回の中ノ沢からしばしの沈黙、多分・・・
と思っていましたがやっぱりでした。さすがの執念!

オオイガは、ただいま沢歩きに没頭中なので、
沢に飽きたら頃合いをみて単独調査に行ってきます。

持ち越している棚上げの課題、棚に上げっぱなしなので、そろそろ
どうにかしたいですね。
時季的に躊躇してしまいますが(笑)
by イガイガ (2013-06-25 14:24) 

MASAHIKO

ardbeg さん
結構こういうネタ好きそうですね!(^o^)!

ネットで検索しても欲しい情報がなかなか得られず
発見した部品の特定も出来ていません

機種は銀河、間違いないと思いますが
もう一息なんですよね
by MASAHIKO (2013-06-25 20:48) 

MASAHIKO

TI-AEK30さん

いつも貴重なググり情報有難う御座います

でも当方英文は苦手なものでさっぱり・・・???

出来れば訳していただければ幸いと

キュウハ沢と蛭ヶ岳の機体は別物なんじゃないですか?
by MASAHIKO (2013-06-25 20:53) 

MASAHIKO

姐サン

あのロケーションいいでしょ!!

又にカニカしに行きましょうね

凹みは回復しましたか?m(_ _;)m
by MASAHIKO (2013-06-25 20:58) 

MASAHIKO

オオイガさん、お久しぶりでーす

沢歩きに没頭中の所お立ち寄り有難う御座います

例の物件は、棚上げの棚上げ状態、
奴らの活動が収まった頃に、虱潰しに絨毯爆撃で行きますか!

情報が無いだけに最後の手段に「人海戦術」も有りかな
結構好き者も多いみたいですし
by MASAHIKO (2013-06-25 21:06) 

AY

MASAHIKOさん

 お疲れ様でした。
 さすが!執念の発見ですね。
 
 爆撃機「銀河」の戦闘機タイプらしいですね。
 「銀河」に銃を装備して「極光」と名乗ったようです。

 日本の戦闘機だけでなく多くの米軍機も丹沢に墜落しているようです。(「在日米軍機事故の一覧」でクリック)

 玄倉側にもまだ眠っていそうですね。 
by AY (2013-06-26 07:24) 

MASAHIKO

AYさん
お陰様で貴重な体験ができました

AYさんがあのタイヤを見つけなければ
このような展開にはなっていなかったと思います

これからもAYさんの観察力を発揮して
色々な情報をお願いします・・・感謝・・m(__)m
by MASAHIKO (2013-06-26 20:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0