So-net無料ブログ作成

20160730 峰坂沢(湯ノ沢)の金鉱を探る [丹澤探索]

無題2.jpg



皆さん、ご心配をお掛けしましたがようやく足も本調子になりました
復帰第一弾です




西丹、足柄地方の情報を発信しているお気に入りのサイト
BAZUさんの自転車放浪記(足柄懸ブログ)で「世附/謎の資料」として公開された
一枚の地図、その中に非常に興味深い記述を発見しました

記事中、その地図は「T書店さんが入手した謎の資料」とされていて、入手経路等は明かされていませんが、昭和初期に描かれたハイキングの行程表の様な物で、御殿場線旧駿河駅を基点に、峰坂峠を越えて水ノ木、切通峠、平野、籠坂峠、須走と周回するコースが描かれています

僕が興味を惹かれた部分は、柳島から峰坂峠を越えて廣河原に至る旧径路の部分です
特に峰坂峠から広河原に至る旧径路は現在の国土地理院地形図から消えていますが1985年
1
以前、廣河原からこの径路を辿った事があるのですが、崩壊が激しく途中で断念した
経緯があります、しかし昭和中頃までは小山方面から山中湖道志方面に抜ける事が出来る
無駄のない便利な径路として一般的に歩かれていた様です

そしてこの地図の峰坂峠の北側に記載された文字に目が釘付けとなりました
「三保金鉱」の文字と小屋のような記号、そして湯ノ沢の記載です

そこで思い出したのは、過去にイガイガさんが「峰坂沢の白」と題された記事で遡行した際に発見した坑道です


○福さんの記事によれば一般的に「三保鉱山」と言えば河内川上流部白石沢の周辺にある
鉱山らしいのですが、この「三保金鉱」との関わりはどうなんでしょうか?
丹沢周辺で金の採掘が行われていた坑道は極限られているらしいのですが・・・

一般のハイカー(?)がこの様な記録を残していると言う事は、当時はかなり大々的に採掘が行われていてこの界隈では周知の事実だったのでは?・・・なんて考えてしまいますが、他に資料がなく想像の域を超えません

取敢えず現場調査を行うべく、イガイガさんにこの情報を知らせたところ
同行して戴ける事になりました・・・期待は膨らみます




今回は浅瀬からではなく、柳島から世附方面に入ります、柳島からは初体験です
土地勘もなくどの様なコースで歩くかはその時の気分です
初めは尾根沿いの旧径路沿い(林道)を歩こうとしましたが照りつける太陽に嫌気が差して林道から河原に降ります、水流が有る分幾らかは涼しさが感じられます



【 山口橋からのスタート・・・謎の資料によると山内橋となっている 】
P7308822.jpg



【 名もない社 】
P7308826.jpg



【 傍らの山神様 】
P7308827.jpg



【 峰坂沢(欅沢) 】
P7308829.jpg



【 作風はいまいちだな~!! 】
P7308830.jpg


P7308835.jpg




峰坂沢(欅沢)は水害の爪痕が残る荒れた沢です
古い径路はこの沢の右岸、左岸に着けられている筈ですが痕跡はありません
所々倒木が折り重なり行く手を阻みます、見所もなく稜線まで辿るのかと
期待はしていませんでしたが最後に滝場が現れて多少の緊張感と、景色を味わいました



【 水害の爪痕 】
P7308842.jpg



【 袖抜けも 】
P7308845.jpg



【 以前はこんな風景の沢だったのかも 】
P7308855.jpg



【 その先はまた 】
P7308857.jpg



【 以外な所で滝場が現れます 】
P7308860.jpg




【 こんな時は近寄り難いですね 】
P7308863.jpg



【 僕の写真はボケボケなのでイガイガさんの写真を見て下さい 】
P7308864.jpg



【 真剣です 】
P7308872.jpg




悪沢峠下の林道から峰坂峠に出て峰坂沢左岸の尾根で降ります
尾根上には重機の道が付けられていて楽に下降できますが
もしかしたら尾根上に過去の遺物が残っているのではないか?
との甘い期待は吹き飛んでがっかりです



【 重機道が下まで続きます 】
P7308876.jpg



【 この廃屋もいつまで・・・ 】
P7308878.jpg




【 峰坂沢出合の滝で休憩します 】
P7308881.jpg





峰坂沢(湯ノ沢)出合で休憩後遡行します
林道から数十メートル登ると周囲は白さを増して行きます
薄い乳白色の沢の水が沢全体に湯の花のような物質を付着させているようです
所々真っ白な部分もあり異様な感じもします
そしてもう一つ目を引くのが緑色のヘドロ状の藻の様な付着物です
一見緑色の岩の様に見えるのでもしや・・・と勘違いしそうです



【 周辺の岩石調査から 】
P7308884.jpg



【 まだ白さはあまり感じられません 】
P7308891.jpg



【 滝場に入ると変化が現れます 】
P7308893.jpg



【 白と翠 】
P7308894.jpg



P7308900.jpg




【 ヘドロの様な苔 】
P7308906.jpg





中流部はご他聞に漏れず倒木帯が続きますが、イガイガさんによれば
「随分歩きやすくなった」との事、人の手で倒木の処理もされている様でした


P7308909.jpg



【 中流部は穏やかです 】
P7308911.jpg


P7308915.jpg



【 白さが増します 】
P7308918.jpg


P7308919.jpg



【 流木も白 】
P7308921.jpg





上流部は様相が変わります、所々地層の境目から赤茶色い水が染み出し
焼けが見られるようになります
鍾乳石のような物も見られ期待が膨らみます、何処となく沢の雰囲気が周辺の他の沢とは違う様に感じられ、鉱山独特の匂いが漂います
そうこうしている内に人の手が加わっているとしか思えない窪や穴が現れます
穴の内部には赤いヘドロ状の物質が溜っていますがどんな成分か気になります



【 明らかに人の手が入っている様です 】
P7308923.jpg



【 その内部は? 】
P7308924.jpg



【 鍾乳石の様です 】
P7308925.jpg



【 赤錆色の土砂 】
P7308927.jpg


【 この辺は大いに怪しい地層です 】
P7308940.jpg



【 穴の掃除をすると 】
P7308932.jpg



【 もっと掃除をしたいが断念 】
P7308934.jpg


【 奥は・・緑色の岩石が気になります 】
P7308938.jpg



P7308939.jpg




更に遡上し右岸の高みに一本坑道を発見しました
入口が崩壊により殆ど埋まってしまっているので奥まで覗けませんが
間違いなく坑道です

周辺には何箇所か怪しそうな場所が有るのですが斜面が崩壊し土砂礫が
堆積していて確認する事が出来ません、残念です
多分他にも試掘跡や採掘跡が有る筈です・・・・これも想像ですが



【 何処が坑道か分かりますか? 】
P7308950.jpg



【 残念ですが埋まってしまっています 】
P7308944.jpg



P7308948.jpg



【 周辺の地層 】
P7308952.jpg



【 更に遡行します 】
P7308954.jpg




更に上流部にその坑道はあります
下流から見てもはっきりと見えます、坑口は広く余裕で中に入れる位ですが
底部に石灰を水で混ぜた様なヘドロが溜まっていて進入できません
膝まで埋まる様な堆積です、嵌ったら抜け出せそうにないので注意が必要
ヘドロの堆積を考慮すると入口の高さは2M程ありそうです

坑道に溜まっている白い物質が水に溶け流れて下流の岩に付着して白くしている
様ですが一体どんな成分か?専門家の方の意見を伺いたいものです




【 まさに・・・ぽっかりと開いています 】
P7308956.jpg



【 おやおや?何をしているんでしょうね 】
P7308961.jpg



P7308962.jpg



【 内部に何やら光る物質が・・・ 】
P7308966.jpg


P7308968.jpg



【 調査を終えて帰路につきます 】
P7308978.jpg




峰坂沢(湯ノ沢)を後にして下山します
峰坂峠から林道を降りP693、「秘密のアジト」と呼ばれる廃屋を経由して
山口橋へと降りました



【 リンドウの補修は進んでいる 】
P7308983.jpg



【 秘密のアジト・・・・誰も知らない丹沢・・・ 】
P7308984.jpg



【 古い街道です 】
P7308987.jpg



【 梅雨も明けましたね 】
P7308988.jpg




今回初めて柳島から入りました
未だ良く理解できていませんが周辺の沢の呼名は時代を経てかなり変化している様です
峰坂沢は稜線のあちらとこちらに有りますが湯ノ沢、欅沢などとされている資料も
あります
湯ノ沢は今ではもっと上流の沢の名前ですが
やはりこの白い湯の花のような白い沢が湯ノ沢に相応しいと思います
一度皆さんも足を運んでみては如何でしょうか?新しい発見があるかも・・・・!!


こんな山奥で泥んこ遊びに付き合ってくれたイガイガさん有難うございました



【 今日のコース 】
無題.jpg


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

イガイガ

ネタ涸れ気味のところ、
貴重なネタ振り、ありがとうございました。

化学的なことはチンプンカンプン、
地質学の知識もまるでなしで、あるのは体力と好奇心のみ。
もっとも、体力の方は最近アテになりませんが、
次の興味につながる泥んこ遊びでした。

この界隈、まだまだ謎の部分が多そうです。
by イガイガ (2016-08-05 07:09) 

レガー

MASAHIKOさん
丹沢への復帰おめでとうございます。
脚も順調にご回復されなによりです(^^)

丹沢の一角であっても、不思議な雰囲気の一角なのですね。
あの辺り、昔からの村があった所でしょうから。

以前に「湯船鉱泉」が気になり訪れた事があります。
昔は湯治場だったようですが、現在は温泉施設としては営業していませんでしたが、源泉はパイプから出ていました。
少しだけ湯の花の様なものもありましたよ。

そんなに遠くない場所、鉱泉との関係もあるのでしょうか?
by レガー (2016-08-05 08:14) 

M

イガイガさん
お付き合い有難う御座いました

M-Kさんの記事も同じような所を探っていますね
流石、大御所!!

隣の、サルウシ、だか、サルウツ沢ですか
気になっているので明日行って来ます
報告は後日!!
by M (2016-08-05 20:19) 

M

レガー さん、大丈夫ですか?

化石になちゃったんじゃ無いかと心配しています
この界隈は僕にとっては空白地帯なのでこれから
じっくりと楽しみたいと思います

エビラ沢の呪いを早く解かねば・・・
by M (2016-08-05 20:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0